このエントリーをはてなブックマークに追加

死ぬまでに読むべき!【スポーツ漫画】おすすめランキング

みんなの面白いスポーツ漫画ベスト10

9位

15点

H2全34巻完結

H2

作者:あだち充

中学時代、医者から野球が出来ない身体と言われ、野球部のない学校へ行くがひょんなことから試合をすることになり、再び野球部へと心が動いていく漫画になります。(野球好き)

中学時代に野球をしていたバッテリーが怪我のため野球を断念していましたが、それが偽という事が判明し再びグランドに戻ります。(NR3)

Amazonで注文
本で読む

9位

15点

弱虫ペダル連載中

弱虫ペダル

作者:渡辺航

奥が深い自転車競技に触れ、自転車への興味が沸いてきます。(ベーグルベア)

個性すぎる登場人物がたくさん出てくるので一人一人のエピソードが熱い。(マッキー)

Amazonで注文
Kindleで読む
本で読む

7位

17点

はじめの一歩連載中

はじめの一歩

作者:森川ジョージ

読み終わったころには、拳を握って、ボクシングをやりたい気分になるくらい、興奮します。(たまご)

常に過去の自分を乗り越えようとする一歩の姿はボクシングをやったことのない人でも共感する部分がとてもある。(トッポス)

Amazonで注文
本で読む

7位

17点

ハイキュー!!連載中

ハイキュー!!

作者:古舘春一

ルールやポジションの説明も分かりやすいし、試合のシーンも多いのに、飽きることなく読めて一緒に熱くなれます。キャラクター一人一人が本当に魅力的です。(nemu)

私自身がバレーをしていたこともあり、共感できることが多い作品です。日向と影山のコンビネーションプレー、スピード感のある描写が魅力です。(ベーグルベア)

Amazonで注文
Kindleで読む
本で読む

6位

18点

ダイヤのA連載中

ダイヤのA

作者:寺嶋裕二

よくある非現実的描写は少なく、部活内での出来事など事細かに描かれているため野球好きの方には必見です!(野球好き)

ライバルの降谷に出会い、自分の持ち味を磨こうとする姿に応援したくなります。(ベーグルベア)

Amazonで注文
Kindleで読む
本で読む

5位

18点

MAJOR全78巻完結

MAJOR

作者:満田拓也

王道の野球漫画でありながらも、始めに実の父がデッドボールを受けて翌日に亡くなるシーンには衝撃を受けた。(トッポス)

幼稚園児から大人になるまでととても長い漫画のため、時間のあるときに見ることをおすすめします!(野球好き)

Amazonで注文
Kindleで読む
本で読む

4位

22点

ドカベン全48巻完結

ドカベン

作者:水島新司

ドカベン事、山田太郎は、野球の見本的な選手であり、僕たち世代では憧れの主人公でありました。(NR3)

キャラクターがだんだん超人化してきていますが、それでもリアルを残している力加減が好きです。(たまご)

高校野球漫画のスタンダードと言っていいんじゃないでしょうか。主人公の山田太郎や里中の他にキャラが立った殿馬や岩鬼とキャラクター配役が楽しいですね。(ada点er)

Amazonで注文
本で読む

3位

24点

キャプテン全15巻完結

キャプテン

作者:ちばあきお

ちばあきおのほのぼのとした作風ですが、疲れ果ててよろけながらも立ち上がって野球をする登場人物たちに共感できます。(aspter)

3人のキャプテンが入れ替わる物語なのでキャプテン次第で物語の雰囲気がかわるのも特徴的だ。(マッキー)

私たちの世代では野球漫画と言えば真っ先にキャプテンをイメージします。(NR3)

Amazonで注文
Kindleで読む
本で読む

2位

25点

タッチ全26巻完結

タッチ

作者:あだち充

野球漫画でありながら恋愛的な要素もあります。(aspter)

ランキングにとても迷いましたが、タッチの影響力の大きさに1位をつけたいと思いました。(nemu)

Amazonで注文
本で読む

1位

39点

SLAM DUNK全31巻完結

SLAMDUNK

作者:井上雄彦

高校生に出来るプレーじゃないよと思いながらも胸を熱くして読んでいました。二部再開を夢見て大分年月がたちました。(とっさん)

数々の強豪相手にバスケットボールど素人が成長しながら勝負するのが面白い。スポーツでの挫折をたくさん描かれているのも印象的。(マッキー)

桜木花道(主人公)のキャラクターも魅力的だし、他のキャラクターの言葉でも名言が沢山あります。イケメンがあまりにも多すぎます…。皆かっこいいです。(nemu)

Amazonで注文
本で読む

ユーザー別の面白いスポーツ漫画

野球好きのランキング 2016/4/30

ダイヤのA

1位

10点

ダイヤのA

詳細を表示

作者:寺嶋裕二

リアルな高校野球を描いた漫画となっております。
よくある非現実的描写は少なく、部活内での出来事など事細かに描かれているため野球好きの方には必見です!

MAJOR

2位

9点

MAJOR

詳細を表示

作者:満田拓也

とにかく野球が好きな主人公がいろんな挫折を経験しながら成長していく漫画です。
幼稚園児から大人になるまでととても長い漫画のため、時間のあるときに見ることをおすすめします!

クロスゲーム

3位

7点

クロスゲーム

詳細を表示

作者:あだち充

小学生時代に幼なじみを亡くし、亡くなった妹に影響されて野球を始める漫画です。
最初は雑用的な扱いを受けながらも努力と仲間達の助けも借りて成長していく漫画です。

H2

4位

6点

H2

詳細を表示

作者:あだち充

中学時代、医者から野球が出来ない身体と言われ、野球部のない学校へ行くがひょんなことから試合をすることになり、再び野球部へと心が動いていく漫画になります。

タッチ

5位

5点

タッチ

詳細を表示

作者:あだち充

言わずもがなの名作です。
双子と幼なじみの3人を描いた漫画です。
こちらは知っている方も多いと思うので、百聞は一見にしかずということで是非見て頂ければと思います。

まとめを読む

野球好きの方なら一度は見たことはあると思います。
どれも1から見ての方がより楽しめると思いますので一部しか知らない方は是非1から見てみて下さい。
また一度も見たことがない人は参考にして頂き興味が沸いたものから見て頂ければと思います。
どれも甲乙がつけがたい作品なので。。。

nemuのランキング 2016/4/29

タッチ

1位

10点

タッチ

詳細を表示

作者:あだち充

ランキングにとても迷いましたが、タッチの影響力の大きさに1位をつけたいと思いました。
主題歌の「タッチ」も本当に素敵で人気な曲ですし、老若男女沢山の方に愛されています。
この漫画は女の私にとっては、野球漫画というより恋愛漫画という方がしっくりきます。
その位漫画の中のストーリーが魅力的だと思います。
もちろん、野球漫画として秀逸です。

SLAMDUNK

2位

10点

SLAM DUNK

詳細を表示

作者:井上雄彦

スラムダンクを改めて読み返すと、圧倒的な画力に驚きます。
最終巻のセリフが全く無い章は私の世代では凄く有名で、激しいプレーの描写が続く中、読んでいるこちらも息をするのを忘れてしまいます。
桜木花道(主人公)のキャラクターも魅力的だし、他のキャラクターの言葉でも名言が沢山あります。
イケメンがあまりにも多すぎます…。皆かっこいいです。
私の世代ではこの漫画のお陰で沢山の男子がバスケットボールを始めました。

ハイキュー!!

3位

8点

ハイキュー!!

詳細を表示

作者:古舘春一

最近私がバレーを始めた理由の1つが「ハイキュー!!」。
まずキャラが一人一人大切に描かれていて好感が持てるし、「バレーってこんなに楽しい!!」と全力で伝えてくれます。
ルールやポジションの説明も分かりやすいし、試合のシーンも多いのに、飽きることなく読めて一緒に熱くなれます。
キャラクター一人一人が本当に魅力的です。
読んでいてポジティブになれるとても健全な漫画。

リアル

4位

8点

リアル

詳細を表示

作者:井上雄彦

SLAMDUNKの井上雄彦先生の作品。
障害者バスケをテーマにしたシビアな作品ですが、深くて、バスケットをすること以上の意味がこの障害者バスケに掛けられていることを感じます。

テニスの王子様

5位

6点

テニスの王子様

詳細を表示

作者:許斐剛

テニスを好きな人にはワクワクできるテニス漫画。通称「テニプリ」。
巻が進むにつれ「これって現実にできるのか!?」というスーパー技が飛び出しますが、スペクタクルと考えれば大丈夫。
それよりも各々のキャラクターが強烈で魅力的。
ハマる人が続出し、ミュージカルは物凄い人気に。
主人公の圧倒的強さにスカッとします。

まとめを読む

今回少年、青年漫画に片寄ってしまいましたが、少女漫画にもスポーツの素敵な作品は多くあると思います。
一部のランキングでは最近映画化された「ちはやふる」(末次由紀先生)もスポーツ漫画にランキングされていて、私が影響を受けた漫画の中ではかなり上位に入る作品です。
また、今回私が30代前半ということで、どうしても自分が青春時代(部活などしていた時代)の物を多く選びました。
実際はここに挙げたものより古い、新しい作品にも素晴らしいものが沢山ありますので是非手に取ってみて頂きたいです。

NR3のランキング 2016/4/29

タッチ

1位

10点

タッチ

詳細を表示

作者:あだち充

野球漫画でありながら恋愛的な要素もあります。
主人公上杉達也が弟の和也のために野球を始めます。
またヒロイン朝倉南との間も気になり野球以外にも見どころが沢山ある漫画です。

H2

2位

9点

H2

詳細を表示

作者:あだち充

中学時代に野球をしていたバッテリーが怪我のため野球を断念していましたが、それが偽という事が判明し再びグランドに戻ります。
また幼馴染でチームメイトであった英雄と対戦することになります。
また主人公の比呂は英雄の恋人でもあるヒカルに恋心を抱いていてその様子がすごく気になる漫画です。

ドカベン

3位

8点

ドカベン

詳細を表示

作者:水島新司

ドカベン事、山田太郎は、野球の見本的な選手であり、僕たち世代では憧れの主人公でありました。
また野球の試合に置いての駆け引きも抜群で、こんな選手になりたい思えるほどでこの漫画を見ていますと憧れをすごく頂かせていただけます。

リングにかけろ

4位

7点

リングにかけろ

詳細を表示

作者:車田正美

リングに立つと様々なパンチが飛び出て大変驚かされます。
特に主人公、高嶺竜児の必殺パンチと剣崎の必殺パンチは漫画で見ていてもすごいなと感じさせられます。

キャプテン

5位

7点

キャプテン

詳細を表示

作者:ちばあきお

私たちの世代では野球漫画と言えば真っ先にキャプテンをイメージします。
初代のキャプテン谷口から受け継がれた粘りは後輩たちにも受け継がれまた野球に掛ける情熱が読んでいてそのまま伝わってくるように感じます。

まとめを読む

殆どの作品が野球漫画と思いますが。自分たちの世代では殆どが野球と言えるほど人気がるスポーツでありました。
また学校でなりたい職業はと書く欄があれば真っ先に野球と答えていた世代と言えます。
また紹介したのは野球以外にも見どころが沢山ある漫画で、恋の行方のなども気なっていき普段野球をされない方にも好きになられる漫画だと私は感じます。

たまごのランキング 2016/4/28

はじめの一歩

1位

10点

はじめの一歩

詳細を表示

作者:森川ジョージ

ボクシング漫画の最高峰。
描きこみが凄いです。
一歩の成長、周辺の先輩後輩のキャラも面白いです。
続けて読むと、時間がたつのを忘れます。
読み終わったころには、拳を握って、ボクシングをやりたい気分になるくらい、興奮します。
スポーツ漫画の中でも一番面白いと思います。

キャプテン翼

2位

9点

キャプテン翼

詳細を表示

作者:高橋陽一

日本のサッカーを発展させた偉大な漫画。
この漫画がなかったら、日本のサッカー界の歴史は変わったかもしれないぐらい。
昔は、必殺技を真似しようとした事があります。
どんどん強くなっていく翼をみるのが楽しいです。

アストロ球団

3位

8点

アストロ球団

詳細を表示

作者:中島徳博・遠崎史朗

スポーツというよりも、もはや格闘技、いや、戦争というぐらいめちゃくちゃしてるのが面白いです。
なんのためにそこまで戦うのか、一試合するのに犠牲者出るのはどうなんだというぐらい激しいですが、それが面白いです。

ドカベン

4位

7点

ドカベン

詳細を表示

作者:水島新司

野球漫画として安定感あります。
岩鬼、トノマ、里中といった明訓メンバー以外にも、キャラクターがしっかりたっていて。あれだけ、野球漫画書いているに、ずっと面白いとです。
キャラクターがだんだん超人化してきていますが、それでもリアルを残している力加減が好きです。

逆境ナイン

5位

6点

逆境ナイン

詳細を表示

作者:島本和彦

スポーツ漫画といってよいか分からないぐらいですが、面白いです。
選手が9人そろわないまま試合が進んで、ランナーで透明ルール使ったりするぐらい試合に関しては適当ですが、スポ根のハートがしっかりと描かれています。
ギャグとスポ根を同時に読みたい時には、この漫画です。

まとめを読む

スポーツ漫画は、主人公キャラの魅力、ライバルの手ごわさと対戦の熱さなんかを緻密に描きこまれていて最高に楽しいエンターテインメントです。
今回、ランキングで入れたスポーツ漫画は、どの作品も実際のスポーツ見るより面白いです。
ファンタジー感爆発している作品、現実にちかい作品など色々ありますが、熱さという点では共通しています。
現実に熱くなれる機会は、そこまで多くないので疑似体験できるスポーツ漫画は素晴らしいものだと思います。

aspterのランキング 2016/4/28

キャプテン

1位

9点

キャプテン

詳細を表示

作者:ちばあきお

野球漫画というとプロや高校野球を舞台にするものが多いですが、キャプテンは中学野球を題材としています。
スポ根漫画ですが巨人の星ほどのド根性でないので漫画の世界に入っていきやすいですね。
ちばあきおのほのぼのとした作風ですが、疲れ果ててよろけながらも立ち上がって野球をする登場人物たちに共感できます。

あしたのジョー

2位

8点

あしたのジョー

詳細を表示

作者:ちばてつや・高森朝雄

若いのに生きることに目標を見いだせないジョーがボクシングに人生を見つける漫画です。
圧巻のシーンは力石徹との試合と力石の死ですね。
力石の死によるショックを乗り越えて最強王者ホセ・メンドーサと戦い、ジョーも燃え尽きる。
安定した生活は大切だけど、ときおりこういう完全燃焼型の生き方に無性に憧れますよね。

エースをねらえ!

3位

8点

エースをねらえ!

詳細を表示

作者:山本鈴美香

主人公岡ひろみの明るい性格がいいですね。
岡ひろみに才能を見出し特訓する宗方コーチもクールでかっこいいです。
福田雅之助の名言「この一球、絶対無二の一球なり」が効果的に引用されています。
本作でこの言葉を知った人も多いんじゃないでしょうか。

ドカベン

4位

7点

ドカベン

詳細を表示

作者:水島新司

高校野球漫画のスタンダードと言っていいんじゃないでしょうか。
主人公の山田太郎や里中の他にキャラが立った殿馬や岩鬼とキャラクター配役が楽しいですね。

タイガーマスク

5位

6点

タイガーマスク

詳細を表示

作者:辻なおき・梶原一騎

孤児だった伊達直人が貧しい孤児院を助けるために悪役レスラーとして戦うという設定が浪花節的というか時代劇風です。
悪役レスラー養成機関”虎の穴”とかいろいろな必殺技などかなり現実離れしていますが、逆にそこが漫画でしか描けないのが魅力です。

まとめを読む

古い世代なため、いわゆるスポ根漫画ばかりになりました。
スポーツ漫画は設定が限定的でわかりやすいのが魅力です。
ストーリーの展開や主人公の成長過程が楽しみですね。
「エースをねらえ!」はそれまで少女漫画を楳図かずおのホラー漫画くらいしか読んだことがなかったのでお蝶夫人のファッションに驚きました。
少女漫画ってツッコミどころ満載ですね。

ベーグルベアのランキング 2016/4/28

SLAMDUNK

1位

10点

SLAM DUNK

詳細を表示

作者:井上雄彦

伝説のスポーツ漫画であるスラムダンク。
主人公の桜木花道がバスケを全く知らないところから物語がスタート。
物語とともに桜木も成長していく過程が描かれていて、バスケを知らない人でも熱くなれる作品です。

ハイキュー!!

2位

9点

ハイキュー!!

詳細を表示

作者:古舘春一

私自身がバレーをしていたこともあり、共感できることが多い作品です。
日向と影山のコンビネーションプレー、スピード感のある描写が魅力です。

黒子のバスケ

3位

8点

黒子のバスケ

詳細を表示

作者:藤巻忠俊

なんといっても登場するキャラクターが個性的でとても多くイケメンぞろいです。
それぞれ必殺技を持っていてこれはバスケなのか?とも思いますが一度は真似してみたくなるはずです。

ダイヤのA

4位

8点

ダイヤのA

詳細を表示

作者:寺嶋裕二

田舎の中学から野球強豪高校に進学した沢村栄純。
そこにはそれまで見たことのないような強い選手ばかり。
ライバルの降谷に出会い、自分の持ち味を磨こうとする姿に応援したくなります。

弱虫ペダル

5位

7点

弱虫ペダル

詳細を表示

作者:渡辺航

オタク少年だった小野田坂道はあるとき自転車競技部に入部し、すごい勢いで成長していく物語です。
奥が深い自転車競技に触れ、自転車への興味が沸いてきます。

まとめを読む

自分が体験したことがないスポーツでも漫画作品を通してふれることで知らなかったルール、試合の魅力などがわかるようになります。
経験のあるスポーツでは共感することが多く見つかり、懐かしい気持ちになることもあります。
試合でハラハラしたり喜んだりときには悲しくなったり、漫画を通して色んな追体験ができるのもスポーツ漫画の魅力です。

トッポスのランキング 2016/4/28

イレブン

1位

10点

イレブン

詳細を表示

作者:高橋広・七三太朗

主人公青葉茂が不器用ながらも目まぐるしく努力をして成長する姿に感激すら覚える。
基本的に読んでいる読者の気持ちが嫌になるようなキャラクターがでてこないで、味方、相手ともにサッカーを愛し、その上で切磋琢磨し試合でぶつかるので、読んでいて気持ちが良い。

MAJOR

2位

9点

MAJOR

詳細を表示

作者:満田拓也

王道の野球漫画でありながらも、始めに実の父がデッドボールを受けて翌日に亡くなるシーンには衝撃を受けた。
それでも屈託なく父の愛した野球で自分も成長していく姿は感動する。
そしてまわりのライバル選手や、主人公には常に大きな壁が立ちはだかってそれを乗り越えていく物語も秀逸。

あした天気になあれ

3位

8点

あした天気になあれ

詳細を表示

作者:ちばてつや

主人公の向太陽は朗らか性格ながらも清廉潔白ではなく、ムカツクことにはムカツクと態度であらわすので、そんな正直な性格にとても共感を覚える。
ゴルフは心理戦でもあるので、対戦相手の性格もみんな曲者揃いでそんな相手とどういったメンタルで戦っていくのかがとても面白い。

はじめの一歩

4位

7点

はじめの一歩

詳細を表示

作者:森川ジョージ

ボクシング漫画で、根暗で真面目で母子家庭の男の子という設定はありきたりに思えるが、その真面目な成長、会長を信じる心、なにより常に過去の自分を乗り越えようとする一歩の姿はボクシングをやったことのない人でも共感する部分がとてもある。
一歩のそんな実直な姿はサラリーマンの姿を反映してもいる。
また、ジム仲間たちとの気さくな関係も魅力的です。

オフサイド

5位

6点

オフサイド

詳細を表示

作者:塀内夏子

サッカー漫画であるが、作者が女性なので、繊細な心理描写が今までのサッカー漫画と異なる。
画のタッチもときどき少女マンガを思わせるが、それが違和感なく溶け込んでいるところがすごい。
強い者と弱い者、そのどちらでもない者、そういった微妙な人間関係にも光が当てられている。

まとめを読む

漫画の世界でスポーツ漫画は王道中の王道である。
だからこそ切り口とどの読者層をねらうのかがともて重要になる。
そしてなにより面白いスポーツ漫画は主人公が魅力的である。
こうありたい自分とそうはなれなかった自分が丁度良いバランスで描写されているのだと気づけた。
その結果、子供からの目線と大人からの目線で読めて、幅広い読者に共感される。

たろちゃんのランキング 2016/4/27

ピンポン

1位

9点

ピンポン

詳細を表示

作者:松本大洋

松本大洋先生の独特の世界観が描かれていながらも、才能の世界、勝負の世界の厳しさが描かれていて妙にリアルに感じていた作品です。

ファンタジスタ

2位

8点

ファンタジスタ

詳細を表示

作者:草場道輝

連載当時、世界のサッカーというのを意識させてくれて毎週ワクワクしながら連載を楽しみにしていました。
よく主人公と自分を重ね合わせてサッカーをしていました。

ホイッスル!

3位

7点

ホイッスル!

詳細を表示

作者:樋口大輔

挫折を味わい、時に周りから馬鹿にされてもサッカーが好きだという思いだけで努力を続ける主人公の姿に心を打たれました。

DRAGON JAM

4位

6点

DRAGON JAM

詳細を表示

作者:藤井五成

部活やプロの世界ではなく、ストリートボールに着眼した漫画というところにまず新鮮味を感じました。
スポーツに大事な「楽しむ」という要素を思い出させてくれます。

グラゼニ

5位

5点

グラゼニ

詳細を表示

作者:アダチケイジ・森高夕次

誰もが気になるお金の話を、プロの世界の厳しさと混じえながら描かれているのが斬新でした。
面白さとともにいつも感心させられます。

まとめを読む

このランキングは、やはり私が中学、高校時代に連載していた作品は思い入れもあって上位にいれました。
その中でも私が好きなのは個性的であること、そして才能や勝者と敗者の世界といったスポーツの世界の厳しいところもしっかりと描けている漫画を今回紹介しました。
上位の作品は今でも何回も読み返しますし、現在もまだ連載中の作品もあるのでこれからも楽しみです。

とっさんのランキング 2016/4/26

シャカリキ!

1位

10点

シャカリキ!

詳細を表示

作者:曽田正人

この作者は天才を描く天才ではないでしょうか。
その才能ゆえに周りの人間を絶望の底に叩き落す主人公とそれに抗うライバルが見事に描かれています。
読むと自転車で激坂を登りたくなります。

柔道部物語

2位

10点

柔道部物語

詳細を表示

作者:小林まこと

試合シーンがとにかく上手い。
巻数はそんなに多くありませんが非常に中身の濃い作品です。
西野の強敵感がすごい。
一番リアルな柔道部漫画として評価されている。

SLAMDUNK

3位

10点

SLAM DUNK

詳細を表示

作者:井上雄彦

連載当時多くの生徒をバスケ部に導いた作品。
高校生に出来るプレーじゃないよと思いながらも胸を熱くして読んでいました。
二部再開を夢見て大分年月がたちました。

GIANT KILLING

4位

10点

GIANT KILLING

詳細を表示

作者:ツジトモ・綱本将也

監督が主人公という異色のサッカー漫画。
現在も連載中ですがダレルことなく面白い。
戦略がしっかりと描かれていてコアなサッカーファンにもお勧めできます。

おおきく振りかぶって

5位

10点

おおきく振りかぶって

詳細を表示

作者:ひぐちアサ

こんなに丁寧に試合シーンを描いてある野球漫画はないのではないでしょうか。
配球一つ一つに作者のこだわりが見て取れます。
コントロール特化型の投手というのも面白い。

まとめを読む

スポーツ漫画は名作が多すぎで正直どれを選んで良いか悩ましいところです。
メジャーなものからマイナースポーツまで代表作が出揃っているんじゃないでしょうか。
名作漫画はルールに詳しくなくてもつい胸が熱くなり涙腺が緩んでしまいます。
沢山種類がある分試合展開など何か変化をつけなければこれからのスポーツ漫画は名を残せないのではないでしょうか。

マッキーのランキング 2016/4/26

かもめ☆チャンス

1位

10点

かもめ☆チャンス

詳細を表示

作者:玉井雪雄

男手一人で娘を育てるサラリーマンがロードバイクに出会い、ロードバイクの業界に惹かれていく社会人向け漫画。
仕事、娘、ロードバイク。
どれもこれも捨てられない状況において、サラリーマンとして一人の父親として悩む描写が堪えるものがある。
日本人チームで初めてツールドフランスに出場するという無謀な挑戦に、社会で爪弾きされた5人が集結しロードレースに挑む。
一人一人の背負っているものの大きさを実感する漫画である。

SLAMDUNK

2位

9点

SLAM DUNK

詳細を表示

作者:井上雄彦

少年ジャンプ黄金期に連載されていたバスケットボール漫画の金字塔、スラムダンク。
お調子者で運動神経抜群な不良高校生が美人な女の子に出会い、バスケットボールにのめり込んでいく。
数々の強豪相手にバスケットボールど素人が成長しながら勝負するのが面白い。
スポーツでの挫折をたくさん描かれているのも印象的。

弱虫ペダル

3位

8点

弱虫ペダル

詳細を表示

作者:渡辺航

ママチャリしか乗ったことがない高校生がロードレースに挑む物語。
日本ではあまり浸透していないスポーツだが、作者が非常に事細かに、ロードバイクの実態を説明してくれているのが面白いポイント。
個性すぎる登場人物がたくさん出てくるので一人一人のエピソードが熱い。
御堂筋くんというロードレーサーが出てくるが勝利への執念は読者が震えてしまうことだろう。

キャプテン

4位

8点

キャプテン

詳細を表示

作者:ちばあきお

ちばあきお代表作、キャプテン。あまりにも有名な野球漫画である。
中学生達が真剣に野球で勝つためにボロボロになるまで練習するのが記憶に残る。
弱小チームでありながら絶望までの実力差があるチームに根性・戦略で挑むのは圧巻である。
3人のキャプテンが入れ替わる物語なのでキャプテン次第で物語の雰囲気がかわるのも特徴的だ。

Big Hearts ジョーのいない時代に生まれて

5位

7点

Big Hearts ジョーのいない時代に生まれて

詳細を表示

作者:林明輝

2000年頃からモーニングで掲載されていたボクシング漫画。
冴えないサラリーマンが吹っ切れたいがためにプロボクサーを目指すという内容。
青年誌向けの画風で迫力こそないもののリアルなボクサー観が描かれている。
また殴りあうシーンも実際に作者が試合を見て漫画の作画に描いているのがすごいところ。
たったの3巻で終わってしまうが非常に「熱い」漫画である。
「才能があっても情熱のない人間がボクシングしても強くなれない」

まとめを読む

スポーツ漫画の面白いところは、「熱い」の一点である。
情熱をかけつづけた者同士が真剣勝負をし、読者は手の平を滲ませながらページをめくる。
歓喜と挫折、厳しい勝負の世界だからこそ真剣度が伝わってくるのである。
私が紹介した漫画はどれもこれも熱いスポーツ漫画ばかりです。
是非手にとって読んでみてください。
私はそれが切欠でロードバイクをやり始めましたから。

おすすめのランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です